会社概要

代表挨拶

株式会社東洋硬化は1960年(昭和35年)に、福岡県久留米市合川町にて東洋硬化クロームメッキ工業所として創業しました。当初より、久留米市をはじめとした北部九州の機械部品対摩耗特性向上ニーズ・摩損部位再生ニーズに対応するべく、一般産業機械部品への硬質クロムめっきと研磨加工を行ってまいりました。1972年(昭和47年)には法人設立を契機に現在の社名とし、以来、九州のみならず全国からの需要家様のご要望に応じる為に円筒鏡面研削盤・大型CNC円筒研削盤・回転体釣合試験機・イオンプレーティング装置・溶射装置など導入し、様々な業界で使用されている円筒形状機械部品の再生と高付加価値化を追及し現在に至っています。
東洋硬化の高付加価値被膜生成技術は、創業以来培ってきた硬質クロムめっきテクニックを軸に、精度高い寸法公差と表面粗度を実現させる機械加工、湿式表面処理では到底実現出来ないほどの高硬度と耐摩耗性をもたらす真空成膜技術、よりスピーディーに表面処理サービスを展開する為に欠かせぬ溶射成膜等によって肉付けされ、日増しに高度化する産業界の需要に対応するものとして広い範囲の分野で高い評価を受けています。
金属加工・冶金技術が日進月歩で高度化していく我が国製造業界、近年進歩する高速化・高効率化の流れの下で、金属と非金属を組み合わせた複合材料・紛体成形された軽合金・ダイヤモンドにすら迫る超高硬度金属などへの表面処理案件が引きも切らず入り、さらには、情報化・グローバル化と言われるようになって即に久しい現在でもあります。中小企業・街のめっき業者であってもその大波を免れることは出来ません。当社はそれら大きなトレンドに対し、受け身にやり過ごすのではなく己に対する糧として臨み、全国各地のお客様に真に喜んでいただける技術とサービスをこれからも創出しつつ、未来に向かって表面処理技術をリードする企業として研鑽してまいります。
ご期待ください。
代表取締役社長 小野賢太郎

会社概要

商  号 株式会社 東洋硬化
事業内容 工業用クロムめっき・梨地クロムめっき・無電解ニッケルめっき・各種イオンプレーティング(Tin・CrN・TiCrN・ZrN・TiAIN・Cr2O3 他)・研削加工(円筒・内面・平面・円筒鏡面)ホーニング・切削加工・バフ研磨・ドライホーニング・回転体バランシング・ロール及びロッド類の製作、修理・溶射
創  業 1960年(昭和35年)3月17日
沿  革 ・1960年(昭和35年)久留米市合川町にて創業
 当時の名称は「東洋硬化クロームメッキ工業所」
・1965年(昭和40年)設備拡張の必要から三潴郡筑邦町(現在の久留米市荒木町)へ移転
・1969年(昭和44年)大分営業所開設
・1970年(昭和45年)現在地に本社・工場を移転
・1972年(昭和47年)『株式会社 東洋硬化』として法人化
 当時の資本金は400万円
・1985年(昭和60年)クロムめっき工場を増設
・1989年(平成元年)研削加工工場を増設
・1990年(平成2年)回転体バランシング部門を新設
・1991年(平成3年)販売部門・外注部門の別法人として『TKK販売株式会社』を設立
 資本金1,000万円
・1993年(平成5年)イオンプレーティング部門を新設
・1995年(平成7年)資本金を1,000万円に増資
・1998年(平成10年)隣接地購入の上、研削・切削等の機械工場・イオンプレーティング
 工場2004年(平成16年)事務所・溶射工場・倉庫を新増設
・2007年(平成19年)廃水処理施設を新設、ニッケルめっき工場を新増設
・2008年(平成20年)クロムめっき工場を増設
・2013年(平成25年)機械加工工場新増設
従業員数 2014年(平成26年)6月現在 81名(うち派遣社員9名)
取引銀行 りそな銀行 久留米支店、筑邦銀行 本店営業部、北九州銀行 久留米支店
所有不動産 本社・工場:敷地面積/約7,920平米 建物面積/約4,720平米
大分営業所:敷地面積/約150平米 建物面積/約100平米

アクセスMAP

【本社】
〒830-0047
福岡県久留米市
津福本町1978-1
TEL:0942-34-1387
FAX:0942-36-0520
【本社】 福岡県久留米市津福本町1978-1
【大分営業所】
〒870-0113
大分県大分市
大字家島字東前田980-1
TEL:097-528-8800
FAX:097-528-8811
【大分営業所】 大分県大分市大字家島字東前田980-1
【関西営業所】
〒525-0041
滋賀県草津市
青地町735番地
TEL:077-567-2340
FAX:077-567-2360
【関西営業所】 滋賀県草津市青地町735番地

環境対策

弊社では、環境問題に対して各種関係法令の遵守は勿論、使用薬品・消耗品等の再生・再利用、廃棄物の消滅に積極的に取り組んでいます。廃棄物の処理については、自社設備にて処理後、各自治体認証の指定業者への委託を通じ、責任を持って管理しています。

環境対策